About 信仰告白

カルヴァン主義(カルヴァンしゅぎ、Calvinism)とは、すべての上にある神の主権を強調する神学体系、およびクリスチャン生活の実践である。

宗教改革の思想家ジャン・カルヴァンにちなんでカルヴァン主義と名づけられている。このプロテスタントのキリスト教は、改革派の伝統、改革派信仰、改革派神学と呼ばれる。

長老派教会(ちょうろうはきょうかい、英語: Presbyterianism, Presbyterian Church)は、キリスト教のプロテスタント、カルヴァン派の教派。長老教会、長老派とも訳される。

歴史の長いプロテスタントの一派。16世紀のスイスの宗教改革において、チューリヒのツヴィングリ派はブリンガーに引き継がれ、ジュネーヴのカルヴァン派との、チューリッヒ協定による改革派教会の合同が成立した際、教会制度はカルヴァンの長老制が採用された。カルヴァンは聖書の権威にしたがって、教会を治める「監督、長老、牧師」を区別しなかったと述べた。改革派の中心地は1520年から1560年にかけてチューリッヒからジュネーヴに移っていったと言われる 。聖書によって改革され続けるという改革派の信仰は、ドイツ、フランス、オランダなどで広まったが、ジョン・ノックスによってスコットランドに伝えられ、この地で発展し、教会制度によって「長老派」(プレスビテリアン[Presbyterian])を名乗るようになる。ノックスは、『戒規の書(訓練、規律書)』で、長老制がジュネーヴからではなく、聖書から直接来たものであると明言している。

1567年にスコットランドの国教となり、その後にフリー・チャーチが分離した。大陸の改革派とイギリスの長老派はそれぞれ信仰告白を整備し、準拠する信仰告白によって呼び分けられるようになる。ピューリタン(清教徒)のうちトマス・カートライトはイングランド国教会の監督制を否定し、長老制を主張した。長老派のウェストミンスター信仰告白は1647年にスコットランド議会で採択され、1648年、英国議会でも採択された。ニュージーランドにおいては主流的存在である。

ウェストミンスター基準に準拠せず、大会、中会、小会を持たなくても、「長老派」「長老教会」を標榜する例は、日本、韓国、台湾などに散見される。現時点での日本においてスコットランドにおけるがごとくの規模の長老会を持つ教会は存在しない

                                                                                         信仰告白

第1部:聖書

我々は、旧約と新約から成る聖書は、霊感を受け、全く誤りのない(絶対確実な)権威ある神のことばだと信じます。(マタイ5:18;第2テモテ3:16-17). 信仰によって、我々は、聖書は原典において誤りがなく、神の霊感によって書かれ、完全で、信仰と実生活において最後の権威だと信じます。(第2テモテ3:16-17)人間の著者たちの個人的執筆様式を用いながらも、聖霊は、書いて欲しいことを著者たちが正確に間違いなくすべてを記録するように、完全に導かれました。(第2ペテロ1:21)

第2部:神

私たちは、すべての創造者である唯一の神(申命記6:4;コロサイ1:16)を信じます。神は、それぞれ異なる三人の位格―父、子、聖霊(第2コリント13:14)としてご自分を啓示しておられます。それでいて、その存在、本質、栄光においてひとりの神です。(ヨハネ10:30)。神は永遠で(詩篇90:2)、無限で(第1テモテ1:17)、主権がある神です。。(詩篇93:1)神は、全知(詩篇139:1-6)偏在(詩篇139:7-13)、全能で(黙示録19:6)不変(マラキ書3:6)です。神は聖であり(イザヤ6:3)、公正で(申命記32:4)、義なるお方です。(出エジプト9:27)神は愛です。(第1ヨハネ4:8) 神は恵み深く、(エペソ2:8)憐れみ深く、(第1ペテロ1:3)善なるお方です。(ローマ2:28)

第3部:イエス.キリスト

私たちは、主イエス.キリストの神性を信じます。キリストは人となられた神、人のかたちをとられた神、見えない神のかたちです。イエス.キリストは、神でなくなるのではなく、神を解き明かすために、また人間に救いの道を備えるために、人となられました。(マタイ1:21;ヨハネ1:18;コロサイ1:15).

私たちは、イエス.キリストは聖霊によって宿り、処女マリヤより生まれたことを信じます。イエス.キリストは、完全に真に神であり、また完全に真に人間であること、そして完全な罪のない人生を過し、イエスのすべての教えは真理であることを信じます。 (イザヤ14章;マタイ1:23) 私たちは、主イエス.キリストが、すべての人のために(第1ヨハネ2:2)、身代わりの犠牲として(イザヤ53:5-6)十字架上で死なれたことを信じます。イエス.キリストの死は、イエスを救い主として受け入れるすべての人の救いのために十分であることを信じます。(ヨハネ1:12;使徒伝16:31)そして、私たちが義と認められるのは、キリストの流された血によることを信じます。(ローマ5:9;エペソ1:7)そして、そのことはキリストの死からの、肉体を取った復活で証明されたことを信じます。(マタイ28:6; 第1ペテロ1:3)

私たちは、主イエス.キリストが栄光体で天に挙げられ(使徒伝1:9-10)、現在は神の右の座につき、私たちの大祭司としてとりなしをしておられることを信じます。(ローマ8:34; ヘブル書7:25)

第4部:聖霊

私たちは、聖霊が人格を持った神であることを信じます。(使徒伝5:3-4) 聖霊は、罪人を新生させ(テトス3:5)、信者のうちに内在されます。(ローマ8:9) キリストは、すべての信者をキリストのからだに加えるために聖霊によってバプテズマを授けられます。(第1コリント12:12-14)  聖霊は、御父が贖いの日まで信者の救いを保証するための証印です。(エペソ1:13-14) 聖霊は、信者が御ことばを学ぶとき、信者の心と精神に光を投げかけて教えてくださる教師です。(第1コリント2:9-12)

私たちは、聖霊が、霊的賜物を分け与えるとき、最終的な主権を持っておられることを信じます。(第1コリント12:11)聖霊の奇跡的賜物は、決して聖霊の、力を与える能力外ではないにしろ、今は、教会の発展時代の頃と同じほどには、もう作動していないことを信じます。 (第1コリント12:4-11;第2コリント12:12;エペソ2:20;4:7-12)

第5部:御使いと悪霊

私たちは、み使いが実在し、人格を持っていることを信じます。神がみ使いたちをご自分の僕、使者として創造されたことを信じます。(ネヘミヤ9:6;詩篇148:2;ヘブル1:14).

私たちは、サタンと悪霊が存在し、人格を持っていることを信じます。サタンは神に反逆して、み使いの一群を自分に従わせて堕落したみ使いです。(イザヤ14:12:17;エゼキエル28:12-15)サタンは神と人の偉大な敵です。悪霊は悪を行うためのサタンの僕です。そしてサタンとその悪霊どもは永遠に火の池で罰を受けます。(マタイ25:41;黙示録20:10).

第6部:人間

私たちは、人間が直接神の創造物として存在するようになったことを信じます。私たちは、人間は、独特に神のかたちに似せて造られたこと(創世記1:26-27)を信じます。すべての人間は、アダムの堕落のせいで、罪の性質を受け継ぎ、人間は誰もが、罪を犯すことを選択します。(ローマ3:23)そして、すべての罪は神に対して非常に無礼なものなのです。(ローマ6:23)人間にはこの堕落した状態から抜け出す能力は全くありません。(エペソ2:1-5、12)

第7部:救い

私たちは、救いは、イエス.キリストの十字架で完了したわざを信じる信仰によって、神の恵みのゆえに授かる賜物だと信じます。(エペソ2:8-9)キリストの死は、完全に信仰による義認 と罪からの贖いを成し遂げました。キリストは私たちの代わりに死なれ、(ローマ5:8-9)ご自分の体に私たちの罪を負われました。(第1ペテロ2:24)

私たちは、救いは恵みによってのみ、信仰を通してのみ、キリストにあってのみ受けるものだと信じます。良い行いや従順は救いの結果であって、救われるための必要条件ではありません。 キリストの犠牲が偉大で十分であること、そしてその完全さのゆえに、キリストを自分の救い主として真に受け入れた人はすべて、神のみ力によって保たれ、キリストにあって永遠に封印を押されて、永遠に救いが保証されています。(ヨハネ6:37-40;10:27-30;ローマ8:1、38-39;エペソ1:13-14;第1ペテロ1:5;ユダ24)善行によって救いが得られるのではないのと同様に、救いを保持しておくために善行は要りません。良い行いと変えられた人生が、救いの必然的な 結果なのです。(ヤコブ2章)

第8部:教会

私たちは、教会、つまりキリストのからだはこの時代のすべての信者で成り立つ霊的有機体だと信じます。(第1コリント12:12-14;第2コリント11:2;エペソ1:22-23、5:25-27)私たちは、二つの儀式を信じます。キリストの証しとキリストとの同一化として、信者の浸礼による水のバプテズマとキリストの死と流された血を覚えてする主の晩餐です。 (マタイ28:19-20;使徒伝2:41-42、18:8;第1コリント11:23-26)教会を通して、信者は主に従うことや、キリストにある信仰について証しすることや、キリストを敬って清い生活をすることなどを教えられます。私たちは、教会の主な使命として、大宣教命令を信じます。ことばと生活によって、神のことばの真理について証しすることは、すべての信者の 義務です。神の恵みの福音は世界中どこでも宣べ伝えられるべきです。(マタイ28:19-20;使徒伝1:8;第2コリント5:19-20)

第9部:終末

私たちは、祝福された望み(テトス2:13)、すなわち、聖徒を掲挙するために、いつでも主イエス.キリストがご自身来臨されることを信じます。(第1テサロニケ4:13-18) キリストが、約束された地上の御国を築くために、聖徒たちと共に、目に見える形で肉体を持って、地上に再臨されることを信じます。(ゼカリヤ14:4—11;第1テサロニケ1:10;黙示録3:10、19:11-16、20:1-6)私たちは、すべての人の肉体のよみがえりを信じます。―聖徒は永遠の喜びと新しい地での無上の喜びに入り、悪者は火の池で永遠の罰を受けるために。(マタイ25:46;ヨハネ5:28-29;黙示録20:5-6、12-13)

私たちは、信者の魂は死ぬと、肉体を離れて、主のみもとに行き、そこで、霊と魂と肉体が一体となり、主と共に永遠に栄光を受ける復活のときを待つことを信じます。(ルカ23:43;第2コリント5:8;ピリピ1:23、3:21;第1テサロニケ4:16-17)私たちは、未信者の魂は、死後、魂と体が一つとなる復活の時まで、苦痛を意識していて、その後大きな白い御座の前にでて、裁きを受け、罰を受けて永遠に苦しむために火の池に投げ込まれることを信じます。(マタイ25:41-46;マルコ9:43-48;ルカ16:19-26;第2テサロニケ1:7-9;黙示録20:11-15)

I pledge allegiance to the Christian flag, and to the Saviour for whose Kingdom it stands; one Saviour, crucified, risen, and coming again with life and liberty for all who believe

Endorsing the following organization.

Presbyterian Church in America (PCA)

日本長老教会 Presbyterian Church in Japan

대한예수교장로회 Presbyterian Church of Korea